読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリップフロップ

「疲れたらふざける」をモットーに資格の勉強をしてます。

診療情報管理士認定試験に向けて~文房具編~

今回は、診療情報管理士の勉強や試験本番に使った文房具の紹介です。

文房具編と書いてますが、他に何編を書くのかは全く考えてません(・ω<)テヘペロ

 

micmicoが管理士関連で重宝した文房具は

ICD10に貼るインデックスシール

・問題集や教科書を分解して持ち歩くためのレールファイル

マークシート用の極太シャープペンシル

の3点です。

 

特段変わったものもなく、他の受験生もよく使うようなものしか買ってません。

 

インデックスシール

 ICD10はインデックスシールの使用が許可されているので、結構な数の受験者が貼っています。

たまに学生で付箋貼ってる方を見かけますが、あれは本番では剥がすように指示されるので要注意です!!

 

余談ですが、試験当日不正と勘違いされそうな書き込みがあると、該当ページがホチキスで綴じられます

micmicoが一番驚いたのは、最初の方にある余白ページに自分の名前を書いていた人たちが「念のため」といわれてホチキスの刑(笑)にあっていたことです。

書き込みもすべてがアウトってわけではなかったので、不安な方はICD10の書き込みを試験監督の方にチェックしてもらう時間(任意)があるので、その際に聞いてみてください。

ラミネートタイプのインデックスは使ってるうちに丸まってきますが、普通のインデックスより頑丈なのでmicmicoはこちらを使っていました。

ページの上下の角の近くにインデックス貼ると、使ってるうちにページが破けてくるので気を付けてください(>_<)

 

 レールファイル

 キングジムのものを貼りましたが、100均ので十分だと思います。

教科書と問題集は大きさが違うので、ファイルのサイズに気を付けてください!

製本テープを使うという手もありましたが、不器用なので上手く製本できる自信がなく諦めました(´゚д゚`)

 

 教科書や問題集をカッターで章ごとに切り分け、ファイリングして持ち歩いて勉強していました。(教科書全ページスキャンして電子化もありかも)

コンパクトで電車内とかで手軽に勉強できるし、何よりあんな重いもの持ち歩かなくて済むので超オススメです。分解すると、各章の量が分解する前より少なく感じてモチベーションが少し上がります(笑)

 

念のため書いておきますが、いくら重いからといってICD10は分解しないでくださいね(真顔)

 

 マークシート用シャープペン

コクヨ以外にも、ぺんてるステッドラーの商品もあります。

1.3mmのシャープペンならどれでもいいと思うので、自分にしっくりくるものを選んでみてください(笑)

 

芯がとにかく太いので、全然折れません。かれこれ7年近く使っていますが、芯が折れたことは1回もありません。

0.5mmのシャープペンだとマークを塗りつぶすのに時間がかかってしまうのですが、こちらは太いので塗りつぶしが楽です。

 

他の資格試験にも使えますし、学生さんであれば定期試験にも大活躍すること間違いなしな1本なので、買っておいて損はないと思います。

 

 

以上がmicmicoの愛用した文房具たちです(´ω`*)

また何か追加があれば書き足します。